2021年10月4日(月曜日)

省エネルギー基準に関する一部見直し等

 

いつもありがとうございます。

アーキプロダクツです。

 

今日は、

令和元年に建築物省エネ法の改正が公布されましたが、

その中の省エネルギー基準に関する一部見直し等についておさらいしたいと思います。

 

省エネ基準に関する一部見直し等については以下の3つです。

1)地域区分

最新の外気温等を各地域の標高の影響を神して補正したデータに基づき、

市町村合併を踏まえての地域区分の見直し

2)8地域外の外皮基準

8地域の住宅の実態等を踏まえ、8地域の外皮基準の冷房期の平均日射熱取得率ηACの見直し

3)気候風土適応住宅

気候風土適応住宅については、外皮基準が適用除外となり、

一時エネルギー消費量基準が合理化(標準的な水準の設備の設置のみを要求)

 

仕様例示は以下に掲載します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅が省エネ化に進む中、気候風土適応住宅(伝統的構法)について考慮されております。