涙の決勝戦

 

いつもありがとうございます。

アーキプロダクツです。

 

1/10は成人の日でしたね。

テレビで見る晴れ着を着た新成人の方々の美しさ、凛々しさ。

ご成人おめでとうございます。✨

人生を謳歌してください。☆彡

 

そして・・・

1/11は成人の一歩手前の高校生の戦いである

第100回全国高校サッカー選手権 決勝でした。

 

青森山田 VS 大津(熊本)

 

大津は関東第一高校の辞退での決勝進出となりました。

関東第一のタオルを掲げていた大津高校の選手たち。

「九州はひとつ」という監督直筆の垂れ幕のもと、

最後までよく戦っていました。

 

U-18代表候補やJリーガー内定の選手たちも多くいる戦いですから、

本当にすごかった。

見ていてゾクゾクするプレーを高校生たちが繰り広げておりました。

特に、青森山田の松木玖生選手は、

すでにスターの雰囲気を纏っており、ひときわ光を放ってました。

FC東京に内定しているそうなので、

Jリーガーになってからも注目ですね。

 

全身に力が入って見終わったあと疲れてました。(^-^;

熊本の大津高校を応援していた私は、滂沱の涙。

 

原石のような選手を見る楽しさを今さら知って、

高校野球とか春高バレーとかにハマっている人の気持ちが分かりました。

これは、沼にはまったか!?笑

 

皆様の今日一日が幸せでありますように。