2021年10月14日(木曜日)

新築に太陽光、30年に6割目標

 

いつもありがとうございます。

アーキプロダクツです。

 

今日も、冊子「建築士」10月号より気になる記事を紹介します。

 

【新築住宅の太陽光発電導入率、30年に6割目標】

経済産業省は、2013年度比で46%減をめざす2030年度温室効果ガス削減目標の達成に向け、

2030年に供給される新築戸建て住宅で太陽光発電導入率6割とする方向で検討している。

内閣府が7月27日に開いた「再生可能エネルギーに関する規制等の総点検タスクフォース」会合で、経産省が明らかにした。

国土交通省、環境省と調整しており、総合資産エネルギー調査会(経済産業大臣の諮問機関)の

再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会で今後議論する。

 

記事は以上です。

 

上記について、創エネの取組はよいと思いますが、

設計段階で屋根荷重等の検討が必要である事、

設置後のメンテナンスも必要である事等を考慮に入れて

目標設定をしていただきたいと思います。