2021年7月30日(金曜日)

成長の3方向

いつもありがとうございます。

アーキプロダクツです。

 

オリンピック選手のインタビューに「成長」という言葉が結構出てきます。

成長ってどう説明できるのかなと思いましたので、

何回かに分けて「成長」についての記事を書いて

村山昇「働き方の哲学」から学んだことをシェアしたいと思います。

 

成長には3方向あります。

①広げる ↔

②高める ↑

③深める ↓   の3方向です。

この3方向へ成長することで、自分という器が大きくなります。

 

聞いただけで何となくイメージできます。

広げるだと、さまざまな人とつながるだとか

高めるだと、難易度の高い仕事に挑戦しクリアを目指すだったり、

深めるだと、仕事上の苦境において事態をまとめることができるなど。

 

今日は「広げる」について

自分を「広げる」ための行動ヒント

・いろいろな本を読む

・セミナー・勉強会に出かける

・仕事以外の活動(趣味、地域活動など)

・さまざまな人とつながる

・仕事の量や種類をこなし、視野と経験の幅を広げる

・旅行で見聞を広げる ‥など

 

自分を「広げる」ために出来る事がありそうです。

 

まとめ的な話しになりますが、

どの成長にしても大切なのは「好奇心」だそうでして、

成長は目的というより結果的に得られる果実のようなものと書かれていました。

ここが、ポイントかなと思っていて、

振返れば「成長したな、自分」という

まさにオリンピック選手たちのインタビュー時の心境ですよね。

自分はオリンピック選手ではないけれど、

「好奇心」を持ち続けて行動に変換できる人間になりたいと思いました。

今日、1mmでも成長を目指します。!(^^)!

次回は「高める」「深める」について書きたいと思います。

 

皆様の今日一日が幸せでありますように。