2022年6月20日(月曜日)

【フラット35】SのZEH技術基準 ※2022年10月より※

 

いつもありがとうございます。

アーキプロダクツです。

 

6月3日に住宅金融支援機構よりお知らせが出ておりました。

フラット35S(ZEH)基準

 

赤い囲みの部分【留意事項】に注意が必要です。

書き出しますと…

 

・Nearly ZEH、M-Ready、ZEH、ZEH Oriented 及びZEH-M Orientedは

適用条件を適合証明検査で確認
・共同建ての場合は、共用部分も含む住棟全体で一次エネルギー消費量の削減が必要

・BELS評価書の提出後に、評価内容に影響する設計変更が生じた場合、

当該書類の再提出が必要

 

適用条件を満たしているか検査が行われます。
適用条件が満たしていなければ、フラット35S(ZEH)とならないため

注意が必要です。